calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

1Q84 BOOK3

評価:
村上 春樹
新潮社
¥ 1,100
(2010-04-16)

今年、最もショックだったできごとのひとつは、作家の立松和平さんの急逝である。

うちの近所の飲み屋の常連さんで、そろそろ店を出ようかな、という時に立松さんがガラっとドアを開けて入ってくると、予定を変更して、もう1杯、2杯と飲んだものだった。

まわりの人に暖かく接する、優しい存在感のある人だった。

こないだまでニコニコしながら、すぐそこで飲んでた人が、突然この世からいなくなるなんて残酷だ。

その立松さんに向かって、村上春樹の1Q84読みました?
あれは読んだほうがイイですよ!とか生意気なこと言っちゃったなぁ。

ただ、あんな偉大な文学者に薦めたくなるくらい、1Q84は抜きん出てすばらしい作品だった。

そして、待ちに待ったBOOK3だ。

前作は発売直後に本屋から消えてしまって、なかなか手に入らなかったこともあり、めったにしない「予約」までした。

実際には本屋に平積みになっていたけれどね。

前作のBOOK1、2のときに書いたが、自分にとって1Q84以前の村上作品は、読んでいる間は夢中になるけれども、読後、人生に強い影響を及ぼすようなものではなかった。

ところが、1Q84は、その「読中感」がさらにすばらしくなったばかりか、世界に数百万いる読者に直接影響を与えることのできる村上春樹が、具体的に、この世が間違った方向に進んでしまうことを抑止するメッセージをこめたものだ、と感じた。

さて、BOOK3には特段、新たなメッセージはない。
言いたいことは1、2で言い尽くしたわけで、1と2で伏線を張ったけれども未解決だった謎の数々を解きほぐしてくれる、いわば1と2を読んでくれた読者に贈る、ボーナストラックという感じ。

途中まで平坦だが、後半から急加速し始める。
読者の願望や好奇心を裏切らない、なるほど感のある展開と、愛いっぱいの結末はさすがだ。

まあ、ちょっと言いたいことがあるとすれば、NHK集金人というキャラクターの面白さに比べると、前作でドギツく不気味な存在だった牛河の人物描写が、ちょっとブレてしまったようには感じるけどね。

これで完結!っていう終わりかただったけれど、終わったはずのように見えたBOOK2に、ちょっと無理して(第2章で、BOOK2の結末を再確認したくなる)続きをつくったみたいに、BOOK4は出るのかな。

出たら真っ先に買ってしまうだろう。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック